銀行と消費者金融どちらのおまとめローンがぴったり?

銀行と消費者金融、どちらもおまとめローンを扱っています。
もちろん違いはありますので、それを知って最適のものを選びましょう。

 

銀行のおまとめローン

現在利用中のローンが銀行カードローン、消費者金融のカードローンやキャッシング、クレジットカードのキャッシングなどを一本化する時に利用できます。

 

特に金融機関に指定がなく、申し込みやすいと感じるでしょう。
金利も低く、安心してまとめることができますが、審査に時間がかかる場合や審査になかなか通らないという点が気になります。

 

消費者金融のおまとめローン

貸金業法に基づいたローンとなります。
そのため申し込みできるのは、利用しているローンが貸金業者からのものに限定されます。

 

銀行カードローンも一緒にまとめることができません。
貸金業法に従ったローンですが、総量規制以上の額でも申し込めます。
年収の3分の1を越えていても、申し込み者がおまとめローンを利用することでメリットがあるためです。

 

返済中のローンが、どの金融機関が取り扱っているものかまず把握することが大切です。
また銀行、消費者金融どちらもおまとめ専用ローン以外のカードローンなどもまとめる時や、借り換えたい時に利用できるものが多い点にも注目してみましょう。

 

金利や使い勝手、申し込み方法や借入までの期間など、おまとめローンでなくカードローンのほうが適していると感じる場合もあります。金融機関や、ローンの種類を限定してしまわず、広い範囲から探すほうがよいでしょう。